黒歴史を乗り越える3つの策~1度吐いた言葉は簡単に取り消せないものなんです。

    俗に言う黒歴史なんてもの、いわゆる「やっちゃったw」てなもの、ネットの中では、その投稿をサクッと削除してしまう人がいます。

    でもね、そんな事をすると、さらに黒歴史を上塗りするだけじゃないのかなぁと考えてるんです。

    その場は、それで回避したつもりなんだろうけど、 それを見た人の記憶からは消えないんですよね。そして、サーバーの中のログも残ってるんですよね。

    まあ、そんな記憶や記録も、ある程度の時間が経てば消えちゃうんだろうけど、中には一生残ってしまう場合もあるんじゃ無いかな。さらには、そんな行為をやっちゃった本人の意識には永遠に残るんじゃないだろうか。

    何かやましい事があるから、不都合な事があるから、1度出した投稿や発言を削除するんだろうけど、下手すりゃ魚拓(スクショ)とられてたら、どこまでも拡散する可能性はあるし、削除したところで全く意味の無い行為になってしまうんです。

    そして削除した事がさらに、突っ込まれる材料になってしまうと、消火させるつもりが逆効果だったりする事もあるから気をつけた方が良いですよ(笑)

    じゃあ、「やっちゃった」時にどうするのが良いのか?

    まあ経験値積むしか無いって結論にはなるんだけど、それを言っちゃあ楽しく無い。とりあえず3つの対象法を上げてみます。
    1炎上してる時はそのまま放置
    2disって来る人とは今後絡まない。
    3何もかも削除して、その界隈から姿を消す。

    そんなところでしょうか。
    まあ、そもそもが、そんな投稿をしなけりゃ良いんだけど、そうは言っても「やっちゃう」時ってのは誰でもあるもんで、そこで素直に正直になれない人ってのは、その程度の器の大きさって判断をしてしまうもので、その対応次第では益々評価下がっちゃうものです。

    個人的には、1+2がお勧めです。3をやっちゃうと、どんどん人間関係が狭くなっちゃいます。逆にそれを理由に追いだされるような場所なら、こちらからお断りってくらいの心意気で良いんじゃないでしょうか。そんな場所に拘ってもお互いに居心地良くないですからね(笑)

    黒歴史は黒歴史で、素直に正直に笑い飛ばせるようになれれば、人としても成長するんじゃないでしょうか。認める非は素直に認め、謝罪すべき事は素直に謝罪すれば良いだけの事。こういう書き方をすると、まるで園児か小学生に言ってるようにも思えてきました(笑)ネットだろうが、リアルだろうが、年相応に適切な対応をしたいもんですね。

    離婚または労働に関する相談承ります。
    完全匿名の無料相談を始めました。
    ご用命の方は問合せフォームへ。


    LINEのグループメンバも歓迎していますので詳しくはグループメンバ募集へ。


    TwittermixiFacebookでのフォロー、マイミク、友達の申請を歓迎しています。
    胡散臭そうな業者または、それに類似するアカウント以外は相互に交流させて頂きたく考えています。

    にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
    左から順番にポチポチしてね<(_ _)>
    関連記事

    テーマ : インターネットサービス
    ジャンル : コンピュータ

    ネットの情報を安易に信じるな!~ネタ元に辿り着く習慣を付けろ。

    IMG_1964.pngIMG_1963.png

    さて、この二つの投稿を見て、どう思われたでしょう。
    この記事で注目して欲しいのは投稿の内容そのものでは無く、リツィート数なんです。

    ちなみに、それぞれのフォロワー数は数百って単位で考えれば大きな違いは無いとしちゃいます。
    IMG_1965.pngIMG_1962.png


    それでも、これだけリツィート数が違ってくるんですよね。
    もちろん、その時のタイミングなんかも影響するんでしょうけど、本当に不思議なもんです。

    ちなみに、Aさんの投稿は自らの事実を延べ切実に是非を問うもの。それに対して、Bさんの投稿は全くの憶測と私的な判断だと評価しているのですが、どう感じられるでしょう?

    Bさんの投稿に反応した人が、Aさんの投稿を探して確認したとは思えない事と、乳児への家庭内性暴力の定義自体が曖昧で、僕の(サクッと)調べたところ「これ!」ってものは無いようです。

    いちおう、それらしいのを貼っておきます。
    厚労省>児童虐待の定義と現状によると、性的虐待とは、
    子どもへの性的行為、性的行為を見せる、性器を触る又は触らせる、ポルノグラフィの被写体にする など
    との事なので、Bさんは、「性器を触る又は触らせる」が抵触すると言いたいのだろうね。

    これ、厳密に捉えると、異性の子をお風呂にいれるなんて事も性的虐待に成りかねないと思うので、とってもデリケートな話題だと思ってるんですが、Bさんの投稿を拡散した人って、そういう部分まで考えてるんやろか。(たぶん、ノリと勢いで拡散してるんだと思ってますけどw)

    もっと言えば、Bさんが、本気で、Aさんを非難したいのなら、Aさんの元投稿を引用すれば、事の真相が判るだろうに、何で引用しなかったんだろうね。

    さて、この記事で何が言いたいのか?
    上っ面の言葉をノリと勢いで拡散するんじゃ無くて、元ネタをしっかり確かめようね!って事なんです。

    伝聞情報なんてものはいい加減なもので、この投稿を見比べても、「おっぱい」が「乳首」に変わってるし、「5ヶ月」だと「幼児」と言うよりは、正確には乳児の方が良いんじゃないかなとも考えてしまうんです。

    さらに、さっき引用した、性的虐待の定義なんてものを精査した人がどれくらい居るんだろうと考えると、本当無責任と言うか、不適切と言うか、それがネットの良いところでもあり、悪いところでもあるってのを理解して欲しいんです。

    この件だけで考えると、Aさんは本名晒して発言してるので、下手をすれば実生活に影響出てしまう可能性も有って、この事で精神的損害を受けたとして傷害は無理としても名誉毀損で告訴なんて事に発展する可能性もあるわけです。そうなってしまえば匿名のBさんの個人情報なんてものは簡単に開示されちゃうわけで、まあ大した額の損害賠償金にはならないだろうけど、一手間二手間必要なわけです。もちろん無責任に拡散した人も対象になりかねない事は言うまでも無いよねw

    結論!(笑)
    過去にもいくつか記事にしてきてるはずなんだけど『ノリと勢いだけで、無責任な情報を信じるんじゃなく、自分で情報源に辿り着く習慣を付けようね!』って事で。





    離婚または労働に関する相談承ります。
    完全匿名の無料相談を始めました。
    ご用命の方は問合せフォームへ。


    LINEのグループメンバも歓迎していますので詳しくはグループメンバ募集へ。


    TwittermixiFacebookでのフォロー、マイミク、友達の申請を歓迎しています。
    胡散臭そうな業者または、それに類似するアカウント以外は相互に交流させて頂きたく考えています。

    離婚または労働に関する相談承ります。
    完全匿名の無料相談を始めました。
    ご用命の方は問合せフォームへ。


    LINEのグループメンバも歓迎していますので詳しくはグループメンバ募集へ。


    TwittermixiFacebookでのフォロー、マイミク、友達の申請を歓迎しています。
    胡散臭そうな業者または、それに類似するアカウント以外は相互に交流させて頂きたく考えています。

    にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
    左から順番にポチポチしてね<(_ _)>
    関連記事

    テーマ : インターネットサービス
    ジャンル : コンピュータ

    プロフィール
    Author : ほろろ

        ほろろ

    元々はチャットの部屋主としての愚痴吐き用だったものが、今では離婚に悩み苦しむ人へ向けて、少しでも楽になって欲しいなんて事を主に綴るようになって参りました。
    お陰様で、アクセス数も、少しずつでは有りますが増えてきています。まだまだ偉そうに言える数字では有りませんので、もう一桁アップを目標に皆様のお越しをお待ちしてます。

    また、離婚の記事に関しては、念入りに、かなり遡り閲覧して頂いてるようなので嬉しい限りなのですが、出来れば!もう少し勇気を出して、コンタクトして頂き、あなたのお力に添えられれば、この上無い喜びを感じる事でしょう。

    離婚は決して特別な事では有りません!
    一人で苦しみ、悩み、惑う事の無いよう、まずはweb上からお祈り致します。

    あくまでも備忘録として始めた『ブラック企業奮闘記』は遅々として進んでいませんが、その後の経緯に関しましては直接お問合せ頂ければ可能な限り情報を開示させて頂きます。(2017年元旦)

    ブログ内検索
    ほろろの管理サイト
    ワードプレスの使い方みたいな(笑) hololoWEB

    こっちは本気です!拡散願います<(_ _)> 上告だ
    連絡先
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    カテゴリ
    離婚や離婚や離婚
    はじめまして
    フリーエリア
    にほんブログ村
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    結婚・家庭生活
    114位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    結婚生活
    47位
    アクセスランキングを見る>>
    最近の記事
    月別アーカイブ
    RSSフィード
    リンク