連れ去りに対して、感情をぶちまけるよりも行動すことが重要

    世の中には、子を連れ去られたと裁判所を悪視する方達がいらっしゃいます。その気持ちは判らなくもなく、一定の理解はしているつもりなのですが、やはり矛先が違うのでは無いかと考えています。

    家裁を始めとする今の裁判所の体質を、その人の事件のみで変えようとする事は、かなり無理な事でしょう。世論として、論議として、家事事件の在り方を論ずる事は良い事でしょうし、もっと論じられるべきだとも考えています。

    しかし、子を連れ去られた当事者の為すべき行動は裁判所を非難する事ではなく、どうすれば子と再会できるのかではないのでしょうか。

    その中に怒りがある事は解るのですが、それを感情的に裁判所にぶつけたところで、裁判所は痛くもかゆくもないのが現実ではないでしょうか。

    とは言うものの、具体的に、何をどうすれば良いというような即効性のある万能な方策が無いのが現実です。それぞれの事案により為すべき事は変わってくるでしょう。

    接見禁止命令等が発せられてるのか否か、単純に相手方が拒否してるだけなのかでも大きく変わってきます。もちろん子の年令によっても対応のしかたは千差万別な事は言うまでもありません。

    少なくとも、今は中高生ともなれば携帯を所持している確立は高いだろうと考えると、それより上の年代の子とのコミュニケーションは比較的自由にとれると考えています。

    もちろん相手方に洗脳され、本心とは異なる反応が返ってくる事もあるでしょう。その場合はコツコツと真実を説く事しか無いのではないでしょうか。

    方や子が、それよりも小さな世代の場合には積極的に面会交流を求める事になるのでしょう。相手方の態度が、いかに硬直したものであろうと、粘り強く対応する事が唯一の策だとも思えます。

    いずれにしても、戦う相手は裁判所ではなく、あくまでも相手方である事に変わりはありません。裁判所を敵視したところで大きな変化が望めない事に変わりはないでしょう。それよりも個々の事案に応じた方策を考え出す事に尽力して欲しいのです。

    もちろん、裁判所を敵視して悪態をつく事に全力を傾けてるわけでは無いと思うのですが、良い意味で同胞はそれなりの数が居るはずで、そのような人達と繋がる事で新しい視点が見つかる可能性もあるでしょう。

    繰り返しますが、現状の裁判所の体質を、どれだけ非難したところで、お門違いで、門前払いにしかならない現実を認めてみませんか。その上で何が出来るのか、何をすべきなのか、どう動けるのか、何を動かせるのかを、ひとつひとつ実践していく事しか無いのではないでしょうか。




    離婚または労働に関する相談承ります。
    完全匿名の無料相談を始めました。
    ご用命の方は問合せフォームへ。


    LINEのグループメンバも歓迎していますので詳しくはグループメンバ募集へ。


    TwittermixiFacebookでのフォロー、マイミク、友達の申請を歓迎しています。
    胡散臭そうな業者または、それに類似するアカウント以外は相互に交流させて頂きたく考えています。

    にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
    左から順番にポチポチしてね<(_ _)>
    関連記事

    テーマ : 別居・離婚
    ジャンル : 結婚・家庭生活

    拒絶しブロックする人は、余裕の無い、器の小さい人かもしれないね。

    SNSを始めとして、いやネットの世界だけに限らず、特定の人を拒否し、拒絶して、俗に言うブロックなんて事をする人がいる。こういう方式は昔ながらの固定電話でも可能で利用している人も居るんじゃないやろか。

    でもね、極論だとは思うんだけど、機能として備わってるんだから、どんどん利用すれば良いとは思いはするんだけど、そんな機能使うのなら、そのサービス自体を使うなよ!なんて思う事も少なくないんです。

    その特定の番号やアカウント等が迷惑だって事で、迷惑を通り越して不快だって事なんだろうけど、もう一つの理由として自分の情報を見られたく無いって心理も有るんじゃないかと考えてしまったりしてます。

    まあ、装備されてるんだから、利用規約に反しない範囲で、どう使おうと自由ではあるんだけどね。

    でも、ネットの世界って、そんな人も含めて不特定多数の人と繋がる事が出来るって部分が魅力でありメリットの一つなんちゃうんやろか?

    不特定多数の人と繋がる事が可能だって事は、当然好むと好まざると様々な人と繋がるって事になって、好まざる人を積極的に排除する目的でブロックするんだとは思うんだけど、ぶっちゃけた話として、僕はそんな機能を使った事が無いんです。

    そんな機能を使わなくても、思考の合わない人とは自然と疎遠になるもので、こちらから積極的に拒絶しなくても縁は途絶えちゃうものだと考えちゃってます。

    にもかかわらず、積極的に拒絶する人って、相手に情報を見られる事すらも嫌悪しちゃってるんだろうけど、それくらいの余裕が無いのなら、そのサービス自体の利用を止めちゃえば良いと考えちゃってます。

    または、自ら非の有る部分を認める事をしないで、勝ち負けの問題じゃないんだろうけど、相手は何とも思って無いだろうに、勝手に負けを認めて白旗上げるって事じゃないかとさえ思ってしまってます。

    そうだとしても、拒絶しちゃう人って、きっと負けだとか、余裕が無いだとかって思ってないんだろうなと思うと、とっても哀れに感じちゃったりします。

    まあ、そんな考え方をしてるので、僕の側から拒絶しなくても、勝手に淘汰されていくんだけどね(笑)お陰様で、僕の方からブロックしなくても自然と居心地の良い人だけが残ってきてるのが現実なんです。

    それはグループでも同じ事で、少々羽目を外す人が参加したとしても、原則としてとことん向き合うようにしてます。その上で合わない人は、自ら離脱していくってのを何年も前から経験してるからね。

    個人対個人じゃなくてグループの場合は少し事情が違うような気もするけど、結局はこちら側がしっかりとした軸を持っていて、仮に己に至らない部分があるのなら、それを認めて改善すれば良いだけの事で、それが出来ないから拒絶しブロックするんだろうなぁ。と、思ってたりして、ホント些細な事なんだけど、そんな人を見掛けると、器の小さい奴だなと思ってしまうんですよね(笑)




    離婚または労働に関する相談承ります。
    完全匿名の無料相談を始めました。
    ご用命の方は問合せフォームへ。


    LINEのグループメンバも歓迎していますので詳しくはグループメンバ募集へ。


    TwittermixiFacebookでのフォロー、マイミク、友達の申請を歓迎しています。
    胡散臭そうな業者または、それに類似するアカウント以外は相互に交流させて頂きたく考えています。

    にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
    左から順番にポチポチしてね<(_ _)>
    関連記事

    テーマ : インターネットサービス
    ジャンル : コンピュータ

    プロフィール
    Author : ほろろ

        ほろろ

    元々はチャットの部屋主としての愚痴吐き用だったものが、今では離婚に悩み苦しむ人へ向けて、少しでも楽になって欲しいなんて事を主に綴るようになって参りました。
    お陰様で、アクセス数も、少しずつでは有りますが増えてきています。まだまだ偉そうに言える数字では有りませんので、もう一桁アップを目標に皆様のお越しをお待ちしてます。

    また、離婚の記事に関しては、念入りに、かなり遡り閲覧して頂いてるようなので嬉しい限りなのですが、出来れば!もう少し勇気を出して、コンタクトして頂き、あなたのお力に添えられれば、この上無い喜びを感じる事でしょう。

    離婚は決して特別な事では有りません!
    一人で苦しみ、悩み、惑う事の無いよう、まずはweb上からお祈り致します。

    あくまでも備忘録として始めた『ブラック企業奮闘記』は遅々として進んでいませんが、その後の経緯に関しましては直接お問合せ頂ければ可能な限り情報を開示させて頂きます。(2017年元旦)

    ブログ内検索
    ほろろの管理サイト
    ワードプレスの使い方みたいな(笑) hololoWEB

    こっちは本気です!拡散願います<(_ _)> 上告だ
    連絡先
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    カテゴリ
    離婚や離婚や離婚
    はじめまして
    フリーエリア
    にほんブログ村
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    結婚・家庭生活
    111位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    結婚生活
    49位
    アクセスランキングを見る>>
    最近の記事
    月別アーカイブ
    RSSフィード
    リンク