親権争いよりも、面会交流に拘る価値はあるのか。

    近時、子の連れ去りが問題になっているようです。私が離婚した頃には親権確保の為として連れ去りは常套手段だったと言えば言い過ぎでしょうか。

    この問題は様々な背景が絡んできます。もちろん親権争いが前提なのでしょうが、それだけお互いに親権を望んでいると言う事なのでしょう。それこそ、少し前まではの日本では親権は母親のもので父子家庭が珍しく思われていたようです。

    そんな中で、現状維持が尊重される傾向が主となってきました。つまり争いの時点での親子関係の形式を維持する事を良しとする判断ですね。今でも、この原則が有効となっているようです。ですので、なおさら子を連れ去ってでも同居の事実を作った側が親権者としての可能性が著しく高く判断されてきていました。最近では少しずつ、そんんな状況は変わりつつ有るようで、強引な連れ去りは非難される事も少なくないようです。

    いずれにしても、親権者指定の要件に現状を考慮する比率が大きいと、どうしても子を自力救済的に取り合う事が、当事者としては万に一つの可能性を望み行動する事も非難しずらいと考えています。

    もちろん、子への影響云々は別の問題ですが、親権争いに勝利する為に他の方法が見当たらない部分を何とかしなければならないのでしょう。
    現状では、別居の際に子と同居してしまえば余程の事が無い限りそのまま親権者となる可能性が高いように感じています。

    親権者指定には、子の意思の尊重だとかもいわれていますが、現実的にはある程度の年齢が伴わなければ値打ちの無い事には変わりない事だと思われます。
    また母性優先の考え方の扱いはかなり低くなっているようには感じていますが、これも子の年齢と反比例するのでしょうね。

    いずれにしても、このような理屈は裁判所での判断ですので、結論が出るまでには少なくとも数ヶ月の時間を要する事になるでしょう。そうなるとやはり同居の親が優位になってしまう事も現実なんではないかと考えています。

    では、どうすれば良いのでしょうか。
    現実問題としては親権を諦め、値打ちのある面会交流を確保しつつ、子の判断が尊重されるまで待つ事しか無いようにも思います。出来る限り子自身の判断で両方の親の間を行き来できる態勢を維持する事が、実質的に有効な手段では無いかと考えますし、子の為には理想と言えるのではないでしょうか。

    子は成長していきます。
    目の前の勝ち負けに拘り、親権に固執する事が子の福祉に逆らわないかどうかを真摯に考えて見て欲しいと思います。
    関連記事

    離婚または労働に関する相談承ります。
    完全匿名の無料相談を始めました。
    ご用命の方は問合せフォームへ。


    LINEのグループメンバも歓迎していますので詳しくはグループメンバ募集へ。


    TwittermixiFacebookでのフォロー、マイミク、友達の申請を歓迎しています。
    胡散臭そうな業者または、それに類似するアカウント以外は相互に交流させて頂きたく考えています。

    にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
    左から順番にポチポチしてね<(_ _)>

    Comment

    非公開コメント

    プロフィール
    Author : ほろろ

        ほろろ

    元々はチャットの部屋主としての愚痴吐き用だったものが、今では離婚に悩み苦しむ人へ向けて、少しでも楽になって欲しいなんて事を主に綴るようになって参りました。
    お陰様で、アクセス数も、少しずつでは有りますが増えてきています。まだまだ偉そうに言える数字では有りませんので、もう一桁アップを目標に皆様のお越しをお待ちしてます。

    また、離婚の記事に関しては、念入りに、かなり遡り閲覧して頂いてるようなので嬉しい限りなのですが、出来れば!もう少し勇気を出して、コンタクトして頂き、あなたのお力に添えられれば、この上無い喜びを感じる事でしょう。

    離婚は決して特別な事では有りません!
    一人で苦しみ、悩み、惑う事の無いよう、まずはweb上からお祈り致します。

    あくまでも備忘録として始めた『ブラック企業奮闘記』は遅々として進んでいませんが、その後の経緯に関しましては直接お問合せ頂ければ可能な限り情報を開示させて頂きます。(2017年元旦)

    ブログ内検索
    ほろろの管理サイト
    ワードプレスの使い方みたいな(笑) hololoWEB

    こっちは本気です!拡散願います<(_ _)> 上告だ
    連絡先
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    カテゴリ
    離婚や離婚や離婚
    はじめまして
    フリーエリア
    にほんブログ村
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    結婚・家庭生活
    169位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    結婚生活
    75位
    アクセスランキングを見る>>
    最近の記事
    月別アーカイブ
    RSSフィード
    リンク