専門家に相談するタイミングの見極め方

    離婚を考えた時に専門家を利用すべきか否か?
    正直申し上げて一言では答えられません。
    と、言うのも事案の詳細と本人の意欲や知識などによって様々な判断が可能になってきます。

    もちろん専門家を利用する場合は費用も必要です。
    無駄な出費を促すつもりはありませんが、自助努力で複雑に長期化させるよりは、多少の出費を伴っても適切なアドバイスを受ける方が良いのではないでしょうか。

    離婚後の生活を少しでも早く健康的に始める事を重視するのならば、専門家の力を使う事が正解だと考えます。
    多少の時間を苦労をしてでも自らの勉強だと思えるのならば試行錯誤する事も否定はしません。

    おそらく、どこでも同じなんじゃないかと思うのですが、私が相談を受ける時には、既に手遅れと申しますか、より深刻化してるケースがほとんどです。もう少し早く相談してくれればと思う事が多々あります。

    世間では離婚は大変なものだと散々に言われているにも関わらず、簡単に処理できると考えているのでしょうか。正しくない思い込みや間違った情報に基づき行動している為に大変じゃ無い事を大変にしてしまっているようにも感じてしまいます。私的には世間で大変だって言われている大半が簡単な事を複雑にしてしまった結果なんじゃないかと思っています。

    一般論として離婚の形に正解は無いと考えてはいます、十人十色と申しますか離婚する人の数だけ正解が在るものだと考えています。そこには各々の拘りや想いがあり、そこに拘わる事で苦労が出現するのでしょう。親権を望むのか否か、相手に謝罪を求めるのか否か、どの程度の金銭収受で納得するのか等々、いずれも他人がとやかく言える事ではなく当事者がどうしたいのかという部分なんです。

    そんな離婚に付随する条件や環境の選択に正解は有りません。しかしその拘りを乗り越える為の回答は有ります。

    そもそも無理難題な場合もあるでしょう。
    主張しなければ受けられない事もあるでしょう。
    手順を間違えば得られないものもあるでしょう。

    つまり、無理難題な事はどんなやり方をしても無理でしょうし、押さえるべきタイミングや行動が無ければ手にできない事もあるのです。

    そんな事を意識せずに動き回っても無駄足になる可能性は大きく、より複雑にしたり、得られるべき権利を手放してしまう事にもなりません。

    もちろん、解決には大量の時間を要する事になるでしょうし、より複雑化した事案ですから費用も比例してくる事になります。


    先日の会話の中で「後悔しない人なんか居ない。」なんて事を言われましたが、後悔しないに越した事は無いのではないでしょうか。
    貴方の拘りたい条件の正否や手順やタイミングが明確になっていないのならば、とりあえずは勉強代のつもりで、費用をかけてでもアドバイスを請う事が賢明では無いかと考えます。

    当然の事ですが、貴方に適した専門家と出会えるか否かは別の問題なので、その為の時間と費用は覚悟して欲しいのですが(^^ゞ


    関連記事

    離婚または労働に関する相談承ります。
    完全匿名の無料相談を始めました。
    ご用命の方は問合せフォームへ。


    LINEのグループメンバも歓迎していますので詳しくはグループメンバ募集へ。


    TwittermixiFacebookでのフォロー、マイミク、友達の申請を歓迎しています。
    胡散臭そうな業者または、それに類似するアカウント以外は相互に交流させて頂きたく考えています。

    にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
    左から順番にポチポチしてね<(_ _)>

    テーマ : 別居・離婚
    ジャンル : 結婚・家庭生活

    プロフィール
    Author : ほろろ

        ほろろ

    元々はチャットの部屋主としての愚痴吐き用だったものが、今では離婚に悩み苦しむ人へ向けて、少しでも楽になって欲しいなんて事を主に綴るようになって参りました。
    お陰様で、アクセス数も、少しずつでは有りますが増えてきています。まだまだ偉そうに言える数字では有りませんので、もう一桁アップを目標に皆様のお越しをお待ちしてます。

    また、離婚の記事に関しては、念入りに、かなり遡り閲覧して頂いてるようなので嬉しい限りなのですが、出来れば!もう少し勇気を出して、コンタクトして頂き、あなたのお力に添えられれば、この上無い喜びを感じる事でしょう。

    離婚は決して特別な事では有りません!
    一人で苦しみ、悩み、惑う事の無いよう、まずはweb上からお祈り致します。

    あくまでも備忘録として始めた『ブラック企業奮闘記』は遅々として進んでいませんが、その後の経緯に関しましては直接お問合せ頂ければ可能な限り情報を開示させて頂きます。(2017年元旦)

    ブログ内検索
    ほろろの管理サイト
    ワードプレスの使い方みたいな(笑) hololoWEB

    こっちは本気です!拡散願います<(_ _)> 上告だ
    連絡先
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    カテゴリ
    離婚や離婚や離婚
    はじめまして
    フリーエリア
    にほんブログ村
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    結婚・家庭生活
    81位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    結婚生活
    38位
    アクセスランキングを見る>>
    最近の記事
    月別アーカイブ
    RSSフィード
    リンク