離婚する時、親への報告・相談は必要か?

正直、ケースバイケースなんでしょうが、原則不要だと考えてます。
ただ、離婚後親元で生活する場合は、当然の事として必須になります。

以前にも書きましたが、関係者は出来る限り少なくする事。

この事は離婚を長引かせない1つのコツだとも言えるでしょう。親だからと言って、あなたの生き方に協力してくれるとは限りません。根本的に親の助けが必須ならば、これを機会に親離れすべきで、親を頼らない、誰かに依存しない生き方をしたいと考えてしまいます。

同居する事が可能ならば、多少の辛抱は必要となるでしょうが、素直に甘える事も否定はしません。身勝手な言い方かもしれませんが、甘えさせてくれるのなら、甘える事も親孝行の1つだとも考えています。

だからと言って、何が何でも甘えなきゃならないわけでは無く、仮に親が100%協力的だとしても、別の人生を歩んでいる事は変わり有りませんよね。つまり、別の価値観であり、別の人生なので、大なり小なり衝突する可能性が大きいと考えてしまいます。

現実問題として、親の反対で離婚を回避したとしても、遅かれ早かれ親を頼らずに離婚する人は少なく有りません。また、親の反対程度で避けられる離婚ならば、離婚そのものの必要を感じません。

繰り返しますが、親だからと言う理由だけで、相談する義務は無いって事なんです。そんな事から、離婚前に「離婚を選択した事の報告」をする事で、反対されて心労を増やすくらいなら、事後報告で十分だと考えています。

そんな程度で親子の関係が崩れるのなら、しょせん、そんな程度だったって事ではないでしょうか。

離婚後に同居しなければならなず、親の説得が必須だと言う方がたまにいらっしゃいます。親を説得して理解して貰う事よりも、親に対して甘えてあげる位の余裕が無ければ、同居後の衝突は避けられないのでは無いでしょうか。

同居できる事のメリットに感謝し、言葉は悪いのですが、上手に利用するくらいの余裕が無ければ、何のための離婚なのか解らなくなってしまいかねません。

いずれにしても、報告・相談する事が悪いわけでは有りません。同居する事を否定するものでは有りません。

友人知人と同列に、今後の人生にとって有益なのか否か、あなたにとって負担になるようなら例え親だろうと、こちら側から「縁を切ってやる」くらいの気構えで良いんじゃないでしょうか。

親だから理解してくれる、親だから助けてくれる、親だから・・、親だから・・、そんな事を考えているとすれば、その離婚の原因の多くは、あなたに有るのかもしれませんね。




離婚または労働に関する相談承ります。
ご用命の方はこちらをお読み下さい。


LINEのグループメンバも歓迎していますので詳しくはこちらをご覧下さい。


TwittermixiFacebookでのフォロー、マイミク、友達の申請を歓迎しています。
胡散臭そうな業者または、それに類似するアカウント以外は相互に交流させて頂きたく考えています。


関連記事
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
左から順番にポチポチしてね<(_ _)>

テーマ : 別居・離婚
ジャンル : 結婚・家庭生活

プロフィール
Author : ほろろ

    ほろろ

元々はチャットの部屋主としての愚痴吐き用だったものが、今では離婚に悩み苦しむ人へ向けて、少しでも楽になって欲しいなんて事を主に綴るようになって参りました。
お陰様で、アクセス数も、少しずつでは有りますが増えてきています。まだまだ偉そうに言える数字では有りませんので、もう一桁アップを目標に皆様のお越しをお待ちしてます。

また、離婚の記事に関しては、念入りに、かなり遡り閲覧して頂いてるようなので嬉しい限りなのですが、出来れば!もう少し勇気を出して、コンタクトして頂き、あなたのお力に添えられれば、この上無い喜びを感じる事でしょう。

離婚は決して特別な事では有りません!
一人で苦しみ、悩み、惑う事の無いよう、まずはweb上からお祈り致します。

あくまでも備忘録として始めた『ブラック企業奮闘記』は遅々として進んでいませんが、その後の経緯に関しましては直接お問合せ頂ければ可能な限り情報を開示させて頂きます。(2017年元旦)

連絡先
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
検索フォーム
離婚や離婚や離婚
はじめまして
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
結婚生活
34位
アクセスランキングを見る>>
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク