感情に任せ、法を、正論を振りかざす事に注意しろ!

離婚してようと、夫婦関係にあろうと、正論が正解でない事は同じ事なのはご理解頂けるでしょう。繰り返しますが、職場だろうと友人関係だろうと、常に正論が正しいわけではありません。

だからと言って、感情に任せての行動が良しとされれるわけでもありません。

どんな関係だろうと、正論を通さなければならない時があるのも、また正論だと考えています。ここで言う「正論」とは、法律の事だと考えて頂いて良いでしょう。

離婚して、公正証書(強制執行認諾条項付)を作成した場合には、その公正証書が正論と考えて下さい。もちろん調停調書や裁判上の和解文なども同様です。

何度となく書いていますが、上記の文書には強制執行を為す力が備わっています。逆に言えば債務者(主に金員等を支払う側)は、それだけの義務を負うとの事ですね。

そしてお互いに、そこに記された事以外には、何ら権利も義務も存在しないと考えられます。

例えば養育費の収受に関して、文書に記されていない事を請求する事は難しいでしょう。逆に、文書に記されていない事は履行する必要は無いと言い切っておきましょう。

例えば、「支払期日を一日過ぎれば期限の利益を失する」と記されていたとしても、無い袖は振れないとの言葉通り、無いものは取り立てようが有りません。正論を振りかざせば、残額を一括して取り立てる事が許され、それに国がお墨付きを与え手伝ってくれるのが強制執行て事に鳴るのでしょう。請求された側、債務者は支払わなければならない義務を負うのです。

もちろん離婚した相手を信用しろとは言えませんし、支払い準備が整うまで待つべきだとも考えません。

さて現実問題として、どのように処理するのが正解なのでしょうか。

残念ながら、画一的な、一般論としての正解は無いと言えるのでは無いでしょうか。債務者が真摯に養育費の支払いを優先しているのか、または遊行に使い込み後回しにされているのかでも変わってくるでしょう。

しかし、どちらにせよ正論を振りかざせば残額を一括して取り立てる事は可能と言えば可能となります。しかし感情に任せて取り立ててしまう事で後々の互いの関係が変化する事を考えて見て下さい。

元は夫婦関係にあった他人だととしても、子にとって親で有る事に変わりは無くても、正論を振りかざせる立場に居る事を上手に利用できる間は、利用する事が良いのでは無いかと考えています。

「本当は○○だけど、◇◇しといてあげる。でも◇◇しないのなら○○するぞ!」なんて感じでしょうか。どんな武器を持っていたとしても,何かしらの攻撃をしかければ、攻撃した側にも多少の差はあれどダメージを受けるでしょう。

そんな正論を振りかざすタイミングや、自らが負うだろうダメージを計算した上で上手に使いたいものですね。

くれぐれもタイミングを間違うと、自らのダメージが大きくなる可能性を踏まえておいてくださいませ。タイミングがくれば、機が熟せば堂々と正論を振りかざす事も必要になります。それをしなければ正論、つまり法の値打ちがありませんよね。




離婚または労働に関する相談承ります。
ご用命の方はこちら


LINEのグループメンバも歓迎していますので詳しくはこちら


TwittermixiFacebookでのフォロー、マイミク、友達の申請を歓迎しています。
胡散臭そうな業者または、それに類似するアカウント以外は相互に交流させて頂きたく考えています。

関連記事
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
左から順番にポチポチしてね<(_ _)>

テーマ : 別居・離婚
ジャンル : 結婚・家庭生活

プロフィール
Author : ほろろ

    ほろろ

元々はチャットの部屋主としての愚痴吐き用だったものが、今では離婚に悩み苦しむ人へ向けて、少しでも楽になって欲しいなんて事を主に綴るようになって参りました。
お陰様で、アクセス数も、少しずつでは有りますが増えてきています。まだまだ偉そうに言える数字では有りませんので、もう一桁アップを目標に皆様のお越しをお待ちしてます。

また、離婚の記事に関しては、念入りに、かなり遡り閲覧して頂いてるようなので嬉しい限りなのですが、出来れば!もう少し勇気を出して、コンタクトして頂き、あなたのお力に添えられれば、この上無い喜びを感じる事でしょう。

離婚は決して特別な事では有りません!
一人で苦しみ、悩み、惑う事の無いよう、まずはweb上からお祈り致します。

あくまでも備忘録として始めた『ブラック企業奮闘記』は遅々として進んでいませんが、その後の経緯に関しましては直接お問合せ頂ければ可能な限り情報を開示させて頂きます。(2017年元旦)

連絡先
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
検索フォーム
離婚や離婚や離婚
はじめまして
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
61位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
結婚生活
33位
アクセスランキングを見る>>
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク