パソコンの出来る人とはタイピングの早さと検索能力だけで十分。

2017年の今も共通してるだろう事に職場でパソコンと接する能力をどうして計るのかって事が曖昧過ぎて疑問に感じ続けてます。僕的な結論としてはタイピングと検索能力だけ有れば、後はどうでも良いんじゃないかって考えてます。

それは10年以上前の事だろうか、僕が職業安定所、いわゆるハロワや派遣会社のサイトなんかに登録しまくっていた時のお話しです。
必ず、問われるのが「パソコン出来ますか?」てな内容。そんな抽象的な問いに答えられるはずもなく、具体的に必要なスキルを問い質すものの、回答の得られない事が多かったものです。

僕としては、大したスキルが有るとは思って無かったんだけど、求められる技術は、それ以下だったように記憶しています。

当時、僕が出来た事は、3~4面程度のチャットが可能な程度のタイピング速度と、ExcelのVBAをコピペ&改造できる程度、今は端末も変わってきたので複数のチャット画面を開く機会が少なくなって来た事や、VBAなんて使わなくても便利なソフトが溢れているので、まったく使わない(笑)

中にはパソコン技能の試験だなんて称して、どう考えても非実用的な作業をさせる事もあった。例えばプリントされた文書をそのままタイプしろだとか、まずは使わないようなソフト特有の用語を説明しろだとかね。酷いのになるとExcelで文書作成しろってものなんかも有った。(まあパソコン教室を名乗ってるところが、そんなレベルだったんだろうけど(^^ゞ)ちなみに、当時はパワポって、まだメジャーじゃ有りませんでしたw

そもそも僕はWindows標準の日本語変換ソフトIMEが好きじゃ無い、何てたってATOKが心地良いんですって。お馬鹿なIMEで、しかも予測変換の躾が出来てないパソコンで早く文書を仕上げる事なんて不可能だし、非現実的だって(笑)

専門用語なんて知らなくても、やりたい作業が解っていれば、サクッと検索できる能力があれば何も問題は無いと考えている、その為のネット環境じゃないんやろかw

ちなみに未だに存在するみたいだけど、Excelで文書の書式を整えちゃうって、根本的に別次元のお話しで、セルを細かく区切って無理矢理に見かけだけ整えるような事を善しとする事は僕の美学に反する(そんな高貴な美学は持ってないw)

まあ、それでも、そんな試験では、十分に使える能力有りって結果は貰えたようやけど、あんな判定で現場で使える能力を判断出来るは到底思えないのよ。実際、今まで携わってきた職場では、とんちんかんな能力の人が多すぎて笑えない事も多いもんでした。

中には、訳のわからない、非効率、不便極まりない、Excelのシートを無理矢理統一書式として使ってた企業も有ったんだけど、もっと簡単に誰でもが見やすい、使いやすいシートを作って、規定のシートに引っ越しさせるって二度手間を掛けてた事も有りましたw

何が言いたいのか迷走してますが・・(笑)
パソコンが有れば、パソコンを使えば、何かが、何でもできるんじゃなくて、何をしたいのかをしっかり把握できてなきゃ何も出来ない事は当然の事!

それが解っていれば何とかなっちゃうってのがパソコンだと思ってます。およそ多くの一般的な事務職でパソコンが出来る人、使える人なんて要らないんじゃ無いのかなぁ。と思うわけであります(^^ゞ(もちろん専用ソフトや企業内イントラのお約束ごとは一般的なパソコンスキルとは別もんだしね。)


そんな最低限で最大の技術がタイピングと検索能力だよね!って事で無理矢理締めてしまいます。




離婚または労働に関する相談承ります。
ご用命の方は問合せフォームへ。


LINEのグループメンバも歓迎していますので詳しくはグループメンバ募集へ。


TwittermixiFacebookでのフォロー、マイミク、友達の申請を歓迎しています。
胡散臭そうな業者または、それに類似するアカウント以外は相互に交流させて頂きたく考えています。


関連記事
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
左から順番にポチポチしてね<(_ _)>

テーマ : 知っていて損は無いパソコン豆知識
ジャンル : コンピュータ

プロフィール
Author : ほろろ

    ほろろ

元々はチャットの部屋主としての愚痴吐き用だったものが、今では離婚に悩み苦しむ人へ向けて、少しでも楽になって欲しいなんて事を主に綴るようになって参りました。
お陰様で、アクセス数も、少しずつでは有りますが増えてきています。まだまだ偉そうに言える数字では有りませんので、もう一桁アップを目標に皆様のお越しをお待ちしてます。

また、離婚の記事に関しては、念入りに、かなり遡り閲覧して頂いてるようなので嬉しい限りなのですが、出来れば!もう少し勇気を出して、コンタクトして頂き、あなたのお力に添えられれば、この上無い喜びを感じる事でしょう。

離婚は決して特別な事では有りません!
一人で苦しみ、悩み、惑う事の無いよう、まずはweb上からお祈り致します。

あくまでも備忘録として始めた『ブラック企業奮闘記』は遅々として進んでいませんが、その後の経緯に関しましては直接お問合せ頂ければ可能な限り情報を開示させて頂きます。(2017年元旦)

連絡先
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
検索フォーム
離婚や離婚や離婚
はじめまして
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
結婚生活
48位
アクセスランキングを見る>>
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク