離婚相談は百万円近くの費用が必用なのか?~離婚あるあるな誤解・・。

    先日の事、1年近く前にばら蒔いた名刺を辿って連絡を頂戴した話を書きました。
    結果としては、電話を頂いた方と直接お会いして、ゆっくりお話しする事が出来ました。

    簡単に振り返りますと、突然電話を頂き、費用の事が最も気になっていたのか、フェードアウトしてしまっていたのです。SMSでのやりとりでしたので、文字数制限もあり、詳しい内容を伝える事も難しく「1回1時間程度6000円」との事だけを伝えたところ、架電者の相談への意欲を削いだ感触でした。

    そんな架電者に対して、私自身も、モヤッとしたものが残っていた事から、東京へ行く用事の途中で静岡に数時間滞在する時間が取れる事を当日朝に伝えたところ、幸運なことに先方も都合が付くとの事。電話を頂いた日から、連絡が途切れた日から、一ヶ月足らずの事でした。

    そしてランチを御馳走になりながら、ひとときの談笑(?)離婚に対する私のスタンスや、相談に関するスタイル、具体的には費用面と、相談方法は面談に拘らない事等を、説明してきました。

    この後、どのように進行するのかは不明ですが、その会話の中で解った事は、私が感じてた手応えよりもネットに疎くない人だった事と、ネットでの情報から決して小さくない費用が必用なんじゃ無いかとの感覚を得ていた事が大きなものでした。

    もちろんネットの中の情報が全てで無い事は然るべく、ネットの情報の全てを精査されたわけでもありませんので、離婚に際して専門家を頼った場合に最低でも数十万円から百万円超の費用が必用だと認識してしまった事は間違いとまでは言わないまでも、離婚事案全体で考えた場合には正解では無いとなってしまいます。

    逆に、100万円超の費用が必用になる場合の方が少ないんだろうと考えているのが正直なところです。つまり弁護士に丸投げして訴訟を行うような事案の場合では、その程度の費用がかかる場合も考えられなくも無いと述べるに留まります。

    少なくとも日本では協議離婚が認められています。協議離婚とは裁判所を利用せずに、配偶者との話し合いだけで離婚を成立させる事になるのですが、ほとんどの離婚は協議離婚なんです。

    近時、調停または訴訟での離婚が増加の傾向に有るとは言え、多く見積もっても全体の数割でしかありません。ほとんどの離婚は協議離婚だって事になります。

    にも関わらず、弁護士等の中には、自らの利益を優先してしまい、協議離婚を避けて訴訟に持ち込もうとする者が一定数存在している事も現実ですから、そのような事務所の扉を叩いてしまうと、運が悪かったで済ますしか無いのが実情では無いでしょうか。

    逆に、裁判所を利用した方が望ましいだろう事案にも関わらず、協議に拘り、問題を、傷口を、深く大きくえぐる事ような輩が専門家を名乗ってたりするのが現実だと考えています。

    当事者が、依頼者が、相談者が、本気で望んでいる離婚は、どのようなものなのか、何通りもの道筋の中から真に相談者の望む方法を提示したいものです。訴訟を覚悟していても数週間の協議で解決する場合もあります。協議を望んで居ても訴訟を勧める場合も有ります。

    もちろん訴訟になった場合は弁護士以外は関わる事は出来ませんが、弁護士の選び方には関わらせて頂いたりしています。




    離婚または労働に関する相談承ります。
    ご用命の方は問合せフォームへ。


    LINEのグループメンバも歓迎していますので詳しくはグループメンバ募集へ。


    TwittermixiFacebookでのフォロー、マイミク、友達の申請を歓迎しています。
    胡散臭そうな業者または、それに類似するアカウント以外は相互に交流させて頂きたく考えています。


    関連記事

    離婚または労働に関する相談承ります。
    完全匿名の無料相談を始めました。
    ご用命の方は問合せフォームへ。


    LINEのグループメンバも歓迎していますので詳しくはグループメンバ募集へ。


    TwittermixiFacebookでのフォロー、マイミク、友達の申請を歓迎しています。
    胡散臭そうな業者または、それに類似するアカウント以外は相互に交流させて頂きたく考えています。

    にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
    左から順番にポチポチしてね<(_ _)>

    テーマ : 別居・離婚
    ジャンル : 結婚・家庭生活

    プロフィール
    Author : ほろろ

        ほろろ

    元々はチャットの部屋主としての愚痴吐き用だったものが、今では離婚に悩み苦しむ人へ向けて、少しでも楽になって欲しいなんて事を主に綴るようになって参りました。
    お陰様で、アクセス数も、少しずつでは有りますが増えてきています。まだまだ偉そうに言える数字では有りませんので、もう一桁アップを目標に皆様のお越しをお待ちしてます。

    また、離婚の記事に関しては、念入りに、かなり遡り閲覧して頂いてるようなので嬉しい限りなのですが、出来れば!もう少し勇気を出して、コンタクトして頂き、あなたのお力に添えられれば、この上無い喜びを感じる事でしょう。

    離婚は決して特別な事では有りません!
    一人で苦しみ、悩み、惑う事の無いよう、まずはweb上からお祈り致します。

    あくまでも備忘録として始めた『ブラック企業奮闘記』は遅々として進んでいませんが、その後の経緯に関しましては直接お問合せ頂ければ可能な限り情報を開示させて頂きます。(2017年元旦)

    ブログ内検索
    ほろろの管理サイト
    ワードプレスの使い方みたいな(笑) hololoWEB

    こっちは本気です!拡散願います<(_ _)> 上告だ
    連絡先
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    カテゴリ
    離婚や離婚や離婚
    はじめまして
    フリーエリア
    にほんブログ村
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    結婚・家庭生活
    114位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    結婚生活
    46位
    アクセスランキングを見る>>
    最近の記事
    月別アーカイブ
    RSSフィード
    リンク