離婚調停・訴訟で弁護士に望むもの~争う相手は裁判所なんです。

    調停で弁護士が必用か否かは諸説あるようで、もちろん事案によっても様々だろう。実務的にも調停から弁護士が携わる事案が多くを占めるかと言えば、そうでも無いと考えている。

    調停で弁護士を利用すべきか否かの判断基準としては、調停に何を求めるのかと、調停で出来る事をあなたがどれほど理解しているのか、勉強しているのかって事が大きいのでは無いだろうか。

    もちろん心情的に弱っている場合、弁護士にこだわらず1人で裁判所に出向く事自体が大きな負担になる場合もあるだろう。そんな場合でも弁護士以外が調停に携わる事が出来ない仕組みになっているので弁護士に委任する事にはなってくる。(待合室で手を握り励ますような事は誰でも可能です。)


    訴訟においては、多くの方が弁護士を利用するようだ。しかし、訴訟でも弁護士を利用しなければならないわけでは無く、自身で法廷に出向く事も可能です(いわゆる本人訴訟と言われるもので、これに関しては以前にも記事にしてます)。訴訟にお金がかかると言われてますが、その費用の多くは弁護士に委任する費用なので、弁護士を利用する場合は、その費用に見合った活躍をして欲しいと望むのが一般的なんでしょう。

    しかし、そもそも弁護士の仕事ってものを、しっかり理解して利用されてる方がどれくらいいるのでしょうか。

    例えば、法的に権利の無いものは、どれだけ優秀で長けた弁護士でも何も出来ないでしょう。また、相手方の弁護士と比較して、どうのこうのと言う人も居ますが、相手方がどうであろうと、説得し、理解してもらう対象は裁判所ですから、原則として相手方がどうであろうと関係の無い話と考えています。

    相手方と、協議が整わないから、話し合いが出来ないから、裁判所を利用するのでは無いでしょうか。つまり相手方が何を言おうと法律上の正義は我に有りと国(裁判所)に理解してもらう事が訴訟であり調停もそのような性格を多少は持ってると考えています。

    つまり、弁護士に劣らない程度の知識を持っているのなら、弁護士を利用する必用は全く有りません。何も広く深い知識が必用なわけでは有りません。あなたの事案だけの専門家になれれば訴訟すらも本人訴訟で遂行する事も十分に可能になってきます。

    もちろん、相手方に優秀な弁護士が付いた場合でも、説得し、理解してもらう相手は裁判所なので、こちら側の体制が整っていれば、関係の無い話だと考えています。

    ただし、弁護士の肩書きを名乗っているからと、全ての弁護士が、あなたの事案で頼りになるのかどうかは未知の領域となってしまいます。

    要は、弁護士に何を期待し、どのように扱うのかは、あなた次第なわけで、裁判所で争う対象は相手方と言うよりは裁判所だと言う意識を持つ事が、最終的に納得出来る、満足できる結論を得る事に繋がるのだと考えています。




    離婚または労働に関する相談承ります。
    ご用命の方は問合せフォームへ。


    LINEのグループメンバも歓迎していますので詳しくはグループメンバ募集へ。


    TwittermixiFacebookでのフォロー、マイミク、友達の申請を歓迎しています。
    胡散臭そうな業者または、それに類似するアカウント以外は相互に交流させて頂きたく考えています。

    関連記事

    離婚または労働に関する相談承ります。
    完全匿名の無料相談を始めました。
    ご用命の方は問合せフォームへ。


    LINEのグループメンバも歓迎していますので詳しくはグループメンバ募集へ。


    TwittermixiFacebookでのフォロー、マイミク、友達の申請を歓迎しています。
    胡散臭そうな業者または、それに類似するアカウント以外は相互に交流させて頂きたく考えています。

    にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
    左から順番にポチポチしてね<(_ _)>

    テーマ : 別居・離婚
    ジャンル : 結婚・家庭生活

    プロフィール
    Author : ほろろ

        ほろろ

    元々はチャットの部屋主としての愚痴吐き用だったものが、今では離婚に悩み苦しむ人へ向けて、少しでも楽になって欲しいなんて事を主に綴るようになって参りました。
    お陰様で、アクセス数も、少しずつでは有りますが増えてきています。まだまだ偉そうに言える数字では有りませんので、もう一桁アップを目標に皆様のお越しをお待ちしてます。

    また、離婚の記事に関しては、念入りに、かなり遡り閲覧して頂いてるようなので嬉しい限りなのですが、出来れば!もう少し勇気を出して、コンタクトして頂き、あなたのお力に添えられれば、この上無い喜びを感じる事でしょう。

    離婚は決して特別な事では有りません!
    一人で苦しみ、悩み、惑う事の無いよう、まずはweb上からお祈り致します。

    あくまでも備忘録として始めた『ブラック企業奮闘記』は遅々として進んでいませんが、その後の経緯に関しましては直接お問合せ頂ければ可能な限り情報を開示させて頂きます。(2017年元旦)

    ブログ内検索
    ほろろの管理サイト
    ワードプレスの使い方みたいな(笑) hololoWEB

    こっちは本気です!拡散願います<(_ _)> 上告だ
    連絡先
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    カテゴリ
    離婚や離婚や離婚
    はじめまして
    フリーエリア
    にほんブログ村
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    結婚・家庭生活
    62位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    結婚生活
    24位
    アクセスランキングを見る>>
    最近の記事
    月別アーカイブ
    RSSフィード
    リンク