離婚調停に弁護士は必用か?(無責任な口添えは迷惑なんです!)

    調停に弁護士の力が必用なのかと、問われれば事案によるとしか言いようが無い。調停くらいは自身出来るって方も居れば、弁護士の力を借りなきゃ無理って方もいる。

    しかし、およそ世間の人は、離婚業務に精通していない人は、無責任に調停くらい自分でやれだとか、弁護士を付けろだとか言うようだ。そのようなコメントは、はっきり言って、私にとっても、本人にとっても、迷惑でしかないと考えている。

    事案によるとの、事案とはどん場合だろうか。その人、人の、能力が関係する事もあるだろう、訴訟へと進行する確立でも変わってくるだろう。調停員によっては弁護士の肩書きを過大に盲信する輩もいる。弁護士を利用するとなると費用の問題もある。事案自体が単純なものなのか複雑なものなのかも関係するだろう。そもそも争いたい(望む)内容が法で解決するものなのか否かでも変わってくる。下手な弁護士を利用するくらいなら自身でやってしまった方が納得できる場合もあるだろう。

    と、そんな感じで書き出せばいくらでも出てきそうです。つまり一言で離婚調停はこうしろ!なんて回答は出来ないって事になります。

    もちろん手続きだけを考えた場合には、訴訟に比べて調停ははるかに簡単でしょう。ただし、その私の言う簡単な調停の手続きすらも難解だと捉える人はいます。また、訴訟の手続きも調停よりは複雑なものになりますが、何も弁護士だけが知っているというものでも無く、自身で遂行しようとする事が無理と断言する事も出来ません。

    つまり、これも事案によりけりって事になってしまいます。

    他の記事でも述べていますが、離婚の法律関係なんて裁判所で争われている事件全体から見れば単純な部類でしょう。だからこそ、感情と言いますか、心の状態と言いますか、何を望み、何を妥協するのかを明確にして欲しいと考えています。

    争点(争う内容)が単純に法で裁断できるものであるのならば、弁護士を使おうが、自身で遂行しようが結果に大きな差は出ないと考えています。しかし現実は、法律の問題では無く、感情論で争ってしまう方が少なくありません。その場合は残念ながら長期化する可能性も高く、弁護士を利用しようとも望み通りの結果を得られる可能性は低くなってしまうものです。

    仮に弁護士を利用するとして、あなたの望むものを明確に伝えているでしょうか、あなたの望みを弁護士はしっかりと理解しているでしょうか。

    当事者である、あなたと弁護士との意思疎通が形成されてない場合は、まず望む結末を迎える事は難しいでしょう。同じ望まざる結末が待っているのならば、自身で臨んだ方が満足度は高くなるかもしれません。少なくとも弁護士に責任転嫁する事は無くなります。

    この弁護士との意思疎通は、他の事案を考えた場合でも、離婚は特別に重要な部分だと考えています。離婚を扱わない弁護士は、まず居ないでしょう(企業法務に特化されてる方等ゼロとは言いません。)。

    つまり、当事者の数だけ離婚の形(想い)があるように、弁護士の数だけ離婚事件の方策があると言っても良いのではないでしょうか。

    例えば、カレーが食べたいといった時に、出前のカレーなのでしょうか、チェーン店に出向くのでしょうか、レトルトのものでしょうか、何十種類のスパイスを調合するのでしょうか。ホテルの通販でしょうか、ビーフでしょうか、ポークでしょうか、チキンでしょうか等々、と様々なカレーへの想いがが存在します、離婚も、そんな感覚では無いでしょうか。あなた自身が、どのような離婚を望むのかが明確にならなければ、適切に判断しなければ、調停に、どう臨むのか、何を望むのかも、事案の数だけ存在してしまうのです。




    離婚または労働に関する相談承ります。
    ご用命の方は問合せフォームへ。


    LINEのグループメンバも歓迎していますので詳しくはグループメンバ募集へ。


    TwittermixiFacebookでのフォロー、マイミク、友達の申請を歓迎しています。
    胡散臭そうな業者または、それに類似するアカウント以外は相互に交流させて頂きたく考えています。


    関連記事

    離婚または労働に関する相談承ります。
    完全匿名の無料相談を始めました。
    ご用命の方は問合せフォームへ。


    LINEのグループメンバも歓迎していますので詳しくはグループメンバ募集へ。


    TwittermixiFacebookでのフォロー、マイミク、友達の申請を歓迎しています。
    胡散臭そうな業者または、それに類似するアカウント以外は相互に交流させて頂きたく考えています。

    にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
    左から順番にポチポチしてね<(_ _)>

    テーマ : 別居・離婚
    ジャンル : 結婚・家庭生活

    プロフィール
    Author : ほろろ

        ほろろ

    元々はチャットの部屋主としての愚痴吐き用だったものが、今では離婚に悩み苦しむ人へ向けて、少しでも楽になって欲しいなんて事を主に綴るようになって参りました。
    お陰様で、アクセス数も、少しずつでは有りますが増えてきています。まだまだ偉そうに言える数字では有りませんので、もう一桁アップを目標に皆様のお越しをお待ちしてます。

    また、離婚の記事に関しては、念入りに、かなり遡り閲覧して頂いてるようなので嬉しい限りなのですが、出来れば!もう少し勇気を出して、コンタクトして頂き、あなたのお力に添えられれば、この上無い喜びを感じる事でしょう。

    離婚は決して特別な事では有りません!
    一人で苦しみ、悩み、惑う事の無いよう、まずはweb上からお祈り致します。

    あくまでも備忘録として始めた『ブラック企業奮闘記』は遅々として進んでいませんが、その後の経緯に関しましては直接お問合せ頂ければ可能な限り情報を開示させて頂きます。(2017年元旦)

    ブログ内検索
    ほろろの管理サイト
    ワードプレスの使い方みたいな(笑) hololoWEB

    こっちは本気です!拡散願います<(_ _)> 上告だ
    連絡先
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    カテゴリ
    離婚や離婚や離婚
    はじめまして
    フリーエリア
    にほんブログ村
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    結婚・家庭生活
    114位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    結婚生活
    46位
    アクセスランキングを見る>>
    最近の記事
    月別アーカイブ
    RSSフィード
    リンク