スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    離婚または労働に関する相談承ります。
    完全匿名の無料相談を始めました。
    ご用命の方は問合せフォームへ。


    LINEのグループメンバも歓迎していますので詳しくはグループメンバ募集へ。


    TwittermixiFacebookでのフォロー、マイミク、友達の申請を歓迎しています。
    胡散臭そうな業者または、それに類似するアカウント以外は相互に交流させて頂きたく考えています。

    にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
    左から順番にポチポチしてね<(_ _)>

    一夫多妻や一妻多夫(多夫多妻)を導入すれば良いと本気で考える。

    とあるニューストピックに、少子化を解消する為に、未婚率を上げる為に、一夫多妻制を導入すれば改善されるなんて事が書いてありました。甚だ現実的だとは思えないのですが、日本の婚姻制度の歴史を考えた場合に、そのような時代が有っただろう事も現実なので、全く全否定する気にもなれないのが正直なところです。

    そのような時代とは、大奥なんて呼ばれる制度があった頃です。現実的にお家柄というか血筋を絶やさない事が重要視されていたからなのか、懐妊しない女性は、その意味では価値が無かったような話も聞きます。

    この手の話題がされる時に、一夫多妻だけが表立ってきて、その逆パターン、つまり一妻多夫と言うのでしょうか、多夫一妻と言うのでしょうか、つまり一人の女性に複数の男性という形式は出て来ないように感じているのですが、それこそ男女差別の著しいものでは無いかと考えています。

    私には、一夫一妻を基準にしなければならない理由が理解できていないのですが、現行法では、そのようになっているので、それに従っているだけと言ってしまいます。

    一夫一妻制度が法定されたのは明治になってからでしょうか、その頃から婚姻に関しては大きくは変わっていないように考えてます。もちろん明治の時代には家父長制度に重きが置かれており、相続等にも大きく影響していたようですし、女性からの婚姻解消(つまり離婚)も認められて無かったようです。

    現行の日本国憲法以降、男女平等が叫ばれ、表向きは、法の下では、男女共に同等の権利を持っている事になっています。

    しかし、現実を考えた場合には、まだまだ古い思考や思想に縛られている人達がいる事も否定できません。

    そんな中でも、家柄や血筋、はたまた相続等に関心が無い人達が増えている事も現実でしょう。そして、そのような人達は一夫一妻で縛らなくても良いのでは無いかと考えてしまうのです。

    もちろん現行法では、許される事では有りませんし、多夫多妻制度を導入する為に法の整備は必要なのですが、そうそう大きなハードルだとは考えてません。

    現実的に、女を囲ってる男は少なくありませんし、複数の男に貢がせている女も数多く存在します。つまり法が認めていないだけの事であり実態としては多夫多妻制度が存在していると言ってしまっても良いとさえ考えてしまいます。

    いわゆるBGLT等と呼ばれるマイノリティの方達同様に、一夫一妻で無ければ為らないとの倫理観自体を真面目に国レベルで見直してみても良いのでは無いかと考えています。もちろん関係の解消、つまり離婚も含めての事です。

    そうは言っても、現実的には、あくまでも絵空事であり、近い将来に法定されると考えているわけでは有りませんけどね。




    離婚または労働に関する相談承ります。
    完全匿名の無料相談を始めました。
    ご用命の方は問合せフォームへ。


    LINEのグループメンバも歓迎していますので詳しくはグループメンバ募集へ。


    TwittermixiFacebookでのフォロー、マイミク、友達の申請を歓迎しています。
    胡散臭そうな業者または、それに類似するアカウント以外は相互に交流させて頂きたく考えています。

    関連記事

    離婚または労働に関する相談承ります。
    完全匿名の無料相談を始めました。
    ご用命の方は問合せフォームへ。


    LINEのグループメンバも歓迎していますので詳しくはグループメンバ募集へ。


    TwittermixiFacebookでのフォロー、マイミク、友達の申請を歓迎しています。
    胡散臭そうな業者または、それに類似するアカウント以外は相互に交流させて頂きたく考えています。

    にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
    左から順番にポチポチしてね<(_ _)>

    テーマ : 別居・離婚
    ジャンル : 結婚・家庭生活

    プロフィール
    Author : ほろろ

        ほろろ

    元々はチャットの部屋主としての愚痴吐き用だったものが、今では離婚に悩み苦しむ人へ向けて、少しでも楽になって欲しいなんて事を主に綴るようになって参りました。
    お陰様で、アクセス数も、少しずつでは有りますが増えてきています。まだまだ偉そうに言える数字では有りませんので、もう一桁アップを目標に皆様のお越しをお待ちしてます。

    また、離婚の記事に関しては、念入りに、かなり遡り閲覧して頂いてるようなので嬉しい限りなのですが、出来れば!もう少し勇気を出して、コンタクトして頂き、あなたのお力に添えられれば、この上無い喜びを感じる事でしょう。

    離婚は決して特別な事では有りません!
    一人で苦しみ、悩み、惑う事の無いよう、まずはweb上からお祈り致します。

    あくまでも備忘録として始めた『ブラック企業奮闘記』は遅々として進んでいませんが、その後の経緯に関しましては直接お問合せ頂ければ可能な限り情報を開示させて頂きます。(2017年元旦)

    ブログ内検索
    ほろろの管理サイト
    ワードプレスの使い方みたいな(笑) hololoWEB

    こっちは本気です!拡散願います<(_ _)> 上告だ
    連絡先
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    カテゴリ
    離婚や離婚や離婚
    はじめまして
    フリーエリア
    にほんブログ村
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    結婚・家庭生活
    181位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    結婚生活
    77位
    アクセスランキングを見る>>
    最近の記事
    月別アーカイブ
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。