主観と客観を区別しろ!~離婚は(結婚も)法律行為です。

    主観と客観と文字にすると、違うものだと感じて頂けるのでしょう。しかし、自己の主張、考え方が主観に基づくものなのか、客観的なものなのかの区別ができる人は多くないと考えています。

    このブログでも度々書いてきましたが、感情から直接導かれる思考が主観だと考えて良いと言い切ってしまいましょう。

    それに対して、第三者、外部の人間が認識する事柄が客観だとしておきましょう。

    例えば、DVなども「殴られた」と言うだけでは第三者に伝わらないので、傷跡を写真に残すとか診療の記録を残すなどが判りやすいでしょうか。

    例えば、不貞も不審な言動があったとしても、それが直接に不貞に結びつくわけじゃ無い事が多いでしょう。不貞を明らかにする場合、直接現場を押さえる事が理想ですが、そのような不審な言動の記録を付けるだけでもかなり客観的なものになるでしょう。

    もう少し具体的に言えば、日時を明確に残す事も重要な部分だと考えます。「○年○月○日○時頃にこのような会話の流れで○○と言った。」等、録音出来れば理想でしょうが、そのような記録がメモ書きであっても蓄積されれば客観的なものに成り得るでしょう。

    細かい事に感じるかもしれませんが、そのような細かい部分を押さえる事で客観的なものとして第三者に訴える得る内容は大きく変わってきます。


    配偶者を拒絶し否定する事は、そのような日々の生活の中の、ちょっとしたストレスの蓄積からくるものです。そのちょっとしたストレスは、一つ一つでは離婚に結びつける事に無理があるもだとしても、蓄積した様子が判れば客観的な理由となると考えています。

    他の記事でも、感情論と法律論の違いについて書いていますが、それと似たものと言えるでしょう。厳密には直結させる事は正確ではありませんが、主観からくるものが感情論であり、客観できれば法律論に成り得ると考えて良いと思われます。


    離婚は(婚姻も)法律行為ですから、法に基づいた行為が必要になります。もちろんその理由(原因)も法に基づいている必要があります。

    きっかけは、感情論で、主観でも良いのですが、法律行為としては客観的なものにする必要があります。

    つまり、あなたの感情を訴え、説得し、強弁し、押し通すのではなく、何ら利害関係の無い第三者に対して、特段の説明もなく納得してもらえる事が重要だと認識してもらえる状態、それが客観的な視点だと理解して欲しいのです。

    もちろん離婚を選択肢に入れた当初は主観ばかりになる事も然るべきとも考えなくは無いのですが、夫婦双方だけの協議においても、協議が整わない場合には特に、この主観から客観への変換が上手に行えないばかりに、無用な不安を感じたり、ストレスを溜め込んだりしてしまう方が多いのが現実のようです。




    離婚または労働に関する相談承ります。
    完全匿名の無料相談を始めました。
    ご用命の方は問合せフォームへ。


    LINEのグループメンバも歓迎していますので詳しくはグループメンバ募集へ。


    TwittermixiFacebookでのフォロー、マイミク、友達の申請を歓迎しています。
    胡散臭そうな業者または、それに類似するアカウント以外は相互に交流させて頂きたく考えています。


    関連記事

    離婚または労働に関する相談承ります。
    完全匿名の無料相談を始めました。
    ご用命の方は問合せフォームへ。


    LINEのグループメンバも歓迎していますので詳しくはグループメンバ募集へ。


    TwittermixiFacebookでのフォロー、マイミク、友達の申請を歓迎しています。
    胡散臭そうな業者または、それに類似するアカウント以外は相互に交流させて頂きたく考えています。

    にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
    左から順番にポチポチしてね<(_ _)>

    テーマ : 別居・離婚
    ジャンル : 結婚・家庭生活

    プロフィール
    Author : ほろろ

        ほろろ

    元々はチャットの部屋主としての愚痴吐き用だったものが、今では離婚に悩み苦しむ人へ向けて、少しでも楽になって欲しいなんて事を主に綴るようになって参りました。
    お陰様で、アクセス数も、少しずつでは有りますが増えてきています。まだまだ偉そうに言える数字では有りませんので、もう一桁アップを目標に皆様のお越しをお待ちしてます。

    また、離婚の記事に関しては、念入りに、かなり遡り閲覧して頂いてるようなので嬉しい限りなのですが、出来れば!もう少し勇気を出して、コンタクトして頂き、あなたのお力に添えられれば、この上無い喜びを感じる事でしょう。

    離婚は決して特別な事では有りません!
    一人で苦しみ、悩み、惑う事の無いよう、まずはweb上からお祈り致します。

    あくまでも備忘録として始めた『ブラック企業奮闘記』は遅々として進んでいませんが、その後の経緯に関しましては直接お問合せ頂ければ可能な限り情報を開示させて頂きます。(2017年元旦)

    ブログ内検索
    ほろろの管理サイト
    ワードプレスの使い方みたいな(笑) hololoWEB

    こっちは本気です!拡散願います<(_ _)> 上告だ
    連絡先
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    カテゴリ
    離婚や離婚や離婚
    はじめまして
    フリーエリア
    にほんブログ村
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    結婚・家庭生活
    114位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    結婚生活
    46位
    アクセスランキングを見る>>
    最近の記事
    月別アーカイブ
    RSSフィード
    リンク