「弁護士に相談すれば」ってアドバイスが無責任過ぎる2つの理由

    友人等から離婚の相談された時に「弁護士に相談すれば」なんて事を言ってしまう人は少なく無いようです。しかし、その台詞は止めた方が良いと考えてます。そして友人の言葉が無くとも安易に弁護士に相談する事はお勧めしません。

    大きな理由は2つ、弁護士だからといって離婚に精通してるわけでは無い事と、「こじらせ弁護士」の存在が離婚を泥沼化させる事です。

    まず、弁護士は離婚の専門家では無いって事。もちろん弁護士の中には離婚に精通してる方もいらっしゃいます。しかし「離婚は任せろ」なんて看板を掲げてる弁護士の皆が離婚に精通しているわけでは有りません。この事は弁護士だけに限った事ではありませんが、弁護士資格を所持しているだけで離婚に精通しているか否かは全く別問題だってことなんです。

    極端な話しですが○○な事件が得意ってのは、あくまで自称であって、1回も離婚を扱った事が無くても言った物勝ちなのが現実です。つまり離婚に関しては素人でも弁護士ってだけで関わってしまう可能性があるんですね。そして私から見れば、少しおごった言い方になりますが、私よりも離婚を解っていない弁護士は少なく無いように感じてます。そのような自称専門家に相談しても何ら有益な情報が得られない事は想像に難くないのではないでしょうか。この事は弁護士を含む士業だけに限らず、カウンセラーを名乗る人々にも共通する事は他の記事でも述べてきました。

    少し話はそれますが、特にカウンセラーを名乗る事は何の資格も必要無く、この記事を読んで頂いてるあなたも、今からカウンセラーと名乗ってしまえます。いわゆる民間資格のカウンセラー(なんちゃら協会みたいなの)も有りますが、極論としては金さえ払えば安易に資格者になれてしまうのが現実です。

    そして、離婚をメインに扱っている弁護士にも注意が必要です。と言うよりも、最も危険だとさえ考えてます。と言いますのは、俗に言われる「こじらせ弁護士」なるものが少なからず存在しています。そのような弁護士と関わってしまうと、何てことの無い離婚でも間違い無く泥沼な離婚にされてしまうでしょう。

    もちろん彼らも商売なので仕事を増やしたい思いは否定しませんが、相談する側の当事者には何ら関係の無いことで、迷惑この上ない結果となってしまいます。例えば当事者夫婦が真摯に向き合えば1~2ヶ月の協議で円満に離婚が成立するような事案でも、「こじらせ弁護士」が関与する事で調停から訴訟へと数年を過ごしてしまう可能性があります。(同一ケースでの比較は不可能なので、あくまで「例え」ですが・・。)また子が居る場合の、子への影響は多大なものとなるでしょう。

    善し悪しは別として、日本の離婚は当事者の合意のみで成立する協議離婚が認められています。全離婚のうち8~9割が協議離婚と言われている事からも、ほとんどの離婚は弁護士が関与せずに、弁護士が不要なものです。もちろん協議に弁護士が関わる場合もあるでしょう。しかし、前述の「こじらせ弁護士」が関与すると裁判所を関与させられ、ずるずると長期に渡り離婚が成立せず、離婚後の新しい生活が先送りになってしまう可能性が高まります。

    もちろん裁判所を利用する事が望ましい離婚も有ります。しかし裁判所を利用しなければならないわけでは有りません。繰り返しますが、離婚の多数は当事者同士の協議のみによって成立しています。

    さっさと離婚して少しでも早く新しい人生を歩みたい方や、離婚を進める事で精神的に大きな負担を負う方などが、安易に弁護士に相談する事で無駄に泥沼な状態を強いられる事は避けたいものです。




    離婚または労働に関する相談承ります。
    完全匿名の無料相談を始めました。
    ご用命の方は問合せフォームへ。


    LINEのグループメンバも歓迎していますので詳しくはグループメンバ募集へ。


    TwittermixiFacebookでのフォロー、マイミク、友達の申請を歓迎しています。
    胡散臭そうな業者または、それに類似するアカウント以外は相互に交流させて頂きたく考えています。

    関連記事
    にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
    左から順番にポチポチしてね<(_ _)>

    テーマ : 別居・離婚
    ジャンル : 結婚・家庭生活

    プロフィール
    Author : ほろろ

        ほろろ

    元々はチャットの部屋主としての愚痴吐き用だったものが、今では離婚に悩み苦しむ人へ向けて、少しでも楽になって欲しいなんて事を主に綴るようになって参りました。
    お陰様で、アクセス数も、少しずつでは有りますが増えてきています。まだまだ偉そうに言える数字では有りませんので、もう一桁アップを目標に皆様のお越しをお待ちしてます。

    また、離婚の記事に関しては、念入りに、かなり遡り閲覧して頂いてるようなので嬉しい限りなのですが、出来れば!もう少し勇気を出して、コンタクトして頂き、あなたのお力に添えられれば、この上無い喜びを感じる事でしょう。

    離婚は決して特別な事では有りません!
    一人で苦しみ、悩み、惑う事の無いよう、まずはweb上からお祈り致します。

    あくまでも備忘録として始めた『ブラック企業奮闘記』は遅々として進んでいませんが、その後の経緯に関しましては直接お問合せ頂ければ可能な限り情報を開示させて頂きます。(2017年元旦)

    ブログ内検索
    ほろろの管理サイト
    ワードプレスの使い方みたいな(笑) hololoWEB

    こっちは本気です!拡散願います<(_ _)> 上告だ
    連絡先
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    カテゴリ
    離婚や離婚や離婚
    はじめまして
    フリーエリア
    にほんブログ村
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    結婚・家庭生活
    114位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    結婚生活
    55位
    アクセスランキングを見る>>
    最近の記事
    月別アーカイブ
    RSSフィード
    リンク