DV加害者を前科者にする是非を考える

    まず、DVとは何でしょう。いわゆるDV法と呼ばれるもの、正確には「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律」を見てましょう。

    第一条 この法律において「配偶者からの暴力」とは、配偶者からの身体に対する暴力(身体に対する不法な攻撃であって生命又は身体に危害を及ぼすものをいう。以下同じ。)又はこれに準ずる心身に有害な影響を及ぼす言動(以下この項及び第二十八条の二において「身体に対する暴力等」と総称する。)をいい、配偶者からの身体に対する暴力等を受けた後に、その者が離婚をし、又はその婚姻が取り消された場合にあっては、当該配偶者であった者から引き続き受ける身体に対する暴力等を含むものとする。



    第一条で「暴力」の定義を明示している事は、この法の目的とするところを察する事が出来るのでは無いかと思われますが、1つの条文にまとめられているあたりは、あまりにも大雑把で広範な定義だと感じてます。

    少し長い条文ですが簡単に言うと、戸籍上の婚姻関係に関わらず、有形力の行使(暴力)により身体的な攻撃受けるだけで無く、言動も含まれる(いわゆるモラハラ)事がDVだって感じでしょうか。

    正直、刑法には詳しく無いのですがこれは暴行罪または傷害罪に問える内容のはずです。とは言っても、いずれも故意犯である事が要件となっているようなので、故意の有無が問題となるのでしょうか。しかし親告罪では無いようなので、理屈としては被害者の認識は必要無いはずなのです。さらに被害者の処罰感情として、家族を前科者にしたくないとの理由なのでしょうか、逆恨みを恐れるからなのでしょうか、逮捕立件される事は少ないのが現実のように感じてます。

    そのような処罰感情は判らなくも無いのですが、家族だからこそ、加害者である配偶者の行為を双方が認め、罪は罪として償わせる選択をして欲しいと思ったりしています。逆に、そこの線引きが出来なければ、家族の不正・不法を被害者自らが認める事になり、いつまでもDVから脱却出来ない状態が続いてしまうのでは無いでしょうか。

    とは書いてみたものの、現実問題として、警察の対応も、そこまで厳格で無い事が多く、民事不介入や家族の中に法は入らず等の言葉の通り、未だにモヤモヤさせられる話が多いのです。この辺りは医療機関や保護施設および更正施設等々の運用の不備等も絡んで来る問題だとは思われるので、現時点で速やかに変わる事は無いのでしょう。それでも被害者の一人々々が、強く向き合わなければ、変わる可能性すら無くなってしまうのでは無いでしょうか。

    まずは被害者が強い意思で加害者に対して罰を求める事が重要でしょう。家族を前科者にする可能性対して、子が居る場合には子にとっては二人の内の一人の親を前科者にする可能性に対して、躊躇する気持ちは解らなくもありません。しかしDV即ち暴行罪または傷害罪が行われ、その被害者つまり当事者が、その事実から逃げる事で失うものを今一度考えて欲しいと願います。




    離婚または労働に関する相談承ります。
    完全匿名の無料相談を始めました。
    ご用命の方は問合せフォームへ。


    LINEのグループメンバも歓迎していますので詳しくはグループメンバ募集へ。


    TwittermixiFacebookでのフォロー、マイミク、友達の申請を歓迎しています。
    胡散臭そうな業者または、それに類似するアカウント以外は相互に交流させて頂きたく考えています。

    関連記事

    離婚または労働に関する相談承ります。
    完全匿名の無料相談を始めました。
    ご用命の方は問合せフォームへ。


    LINEのグループメンバも歓迎していますので詳しくはグループメンバ募集へ。


    TwittermixiFacebookでのフォロー、マイミク、友達の申請を歓迎しています。
    胡散臭そうな業者または、それに類似するアカウント以外は相互に交流させて頂きたく考えています。

    にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
    左から順番にポチポチしてね<(_ _)>

    テーマ : 別居・離婚
    ジャンル : 結婚・家庭生活

    プロフィール
    Author : ほろろ

        ほろろ

    元々はチャットの部屋主としての愚痴吐き用だったものが、今では離婚に悩み苦しむ人へ向けて、少しでも楽になって欲しいなんて事を主に綴るようになって参りました。
    お陰様で、アクセス数も、少しずつでは有りますが増えてきています。まだまだ偉そうに言える数字では有りませんので、もう一桁アップを目標に皆様のお越しをお待ちしてます。

    また、離婚の記事に関しては、念入りに、かなり遡り閲覧して頂いてるようなので嬉しい限りなのですが、出来れば!もう少し勇気を出して、コンタクトして頂き、あなたのお力に添えられれば、この上無い喜びを感じる事でしょう。

    離婚は決して特別な事では有りません!
    一人で苦しみ、悩み、惑う事の無いよう、まずはweb上からお祈り致します。

    あくまでも備忘録として始めた『ブラック企業奮闘記』は遅々として進んでいませんが、その後の経緯に関しましては直接お問合せ頂ければ可能な限り情報を開示させて頂きます。(2017年元旦)

    ブログ内検索
    ほろろの管理サイト
    ワードプレスの使い方みたいな(笑) hololoWEB

    こっちは本気です!拡散願います<(_ _)> 上告だ
    連絡先
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    カテゴリ
    離婚や離婚や離婚
    はじめまして
    フリーエリア
    にほんブログ村
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    結婚・家庭生活
    150位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    結婚生活
    62位
    アクセスランキングを見る>>
    最近の記事
    月別アーカイブ
    RSSフィード
    リンク