「親が幸せじゃ無きゃ、子を幸せに出来ない」の嘘と本当

    親が幸せで有る事が優先だって論調が物議を醸し出しているようです。

    私としては、文字通り、子を幸せな環境にする為には、まず親が幸せでなければならず、親の幸せに余裕が出来てこそ、初めて子に幸せを分け与えられるのだと考えています。(以前、記事にしたように思うのですが、探したところ見当たりませんでした。誰か探して頂けませんか・笑)

    しかし、男と遊び呆けて、子を蔑ろにする輩が、このような言葉を使い出した事で大きな反感をかってるようです。

    私の思考からすると、親が幸せになる為には、そんな輩の生活も致し方無しと成りかねませんが、子を蔑ろにする時点で、そもそも親として認められ無いのでは無いでしょうか。

    親が幸せになる事は大事な事です。子の為に親が我慢を強いられ、自らの幸せを追い求める事を否定する論調には、全く以て賛成できません。あくまでも親の幸せの余裕がなければ、親が幸せで無いのに、子だけが幸せである事は、多くの場合有り得ないと考えていますし、目指すべからずと考えています。

    子を幸せにする為には、まず親が自らの幸福を満たす事が王道だと考えているわけですが、だからと言って、子の監護養育を犠牲にして良いはずは無く、そんな犠牲を強いる時点で、そもそもが親としての資格が無いと言い切っておきましょう。

    そうは言っても、中には、食うや食わずな生活状態の場合もあるでしょう。例えばおにぎりが1つしか無かった場合、親が我慢して、子に食べさせる事を選ぶ事が正解なのでしょうか。

    もちろん状況によりけりですが、子の生死に関わる程度でなければ、親がおにぎりを食べ、そのおにぎりで得た気力体力で、子の為のおにぎりを作り出して欲しいのです。

    前述の輩の場合、親が満腹になる為に生死を彷徨っている子に分け与えられるだろう、おにぎりまで食してしまう事だと考えています。私の思考からは、親に余裕があってこそ、初めて、子に分け与えられるとの理屈ですから、親が食する事が非難される事は間違いなんです。しかし、子が食する分量が有るにも関わらず、子の分まで取り上げないと幸せになれない輩は親として認められない、認めたく無いと考えています。


    あくまでも子の幸せを望み、願うからこそ、時には親を優先し、子を後回しにする事が有っても良いと考えているのであって、いつ何時も親の幸せを、親の幸せのみを求め優先する事とは全く別の問題なんです。

    「親が幸せじゃ無きゃ、子を幸せにできない」事に変わりは無く、子の幸せの為には親が優先さる事も許されるのであって、子の幸せを想う事なく親の幸せのみを追い掛け、親の欲望だけを満たそうとする事は、単なる餓鬼だと繰り返しておきます。




    離婚または労働に関する相談承ります。
    完全匿名の無料相談を始めました。
    ご用命の方は問合せフォームへ。


    LINEのグループメンバも歓迎していますので詳しくはグループメンバ募集へ。


    TwittermixiFacebookでのフォロー、マイミク、友達の申請を歓迎しています。
    胡散臭そうな業者または、それに類似するアカウント以外は相互に交流させて頂きたく考えています。

    関連記事

    離婚または労働に関する相談承ります。
    完全匿名の無料相談を始めました。
    ご用命の方は問合せフォームへ。


    LINEのグループメンバも歓迎していますので詳しくはグループメンバ募集へ。


    TwittermixiFacebookでのフォロー、マイミク、友達の申請を歓迎しています。
    胡散臭そうな業者または、それに類似するアカウント以外は相互に交流させて頂きたく考えています。

    にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
    左から順番にポチポチしてね<(_ _)>

    テーマ : 別居・離婚
    ジャンル : 結婚・家庭生活

    プロフィール
    Author : ほろろ

        ほろろ

    元々はチャットの部屋主としての愚痴吐き用だったものが、今では離婚に悩み苦しむ人へ向けて、少しでも楽になって欲しいなんて事を主に綴るようになって参りました。
    お陰様で、アクセス数も、少しずつでは有りますが増えてきています。まだまだ偉そうに言える数字では有りませんので、もう一桁アップを目標に皆様のお越しをお待ちしてます。

    また、離婚の記事に関しては、念入りに、かなり遡り閲覧して頂いてるようなので嬉しい限りなのですが、出来れば!もう少し勇気を出して、コンタクトして頂き、あなたのお力に添えられれば、この上無い喜びを感じる事でしょう。

    離婚は決して特別な事では有りません!
    一人で苦しみ、悩み、惑う事の無いよう、まずはweb上からお祈り致します。

    あくまでも備忘録として始めた『ブラック企業奮闘記』は遅々として進んでいませんが、その後の経緯に関しましては直接お問合せ頂ければ可能な限り情報を開示させて頂きます。(2017年元旦)

    ブログ内検索
    ほろろの管理サイト
    ワードプレスの使い方みたいな(笑) hololoWEB

    こっちは本気です!拡散願います<(_ _)> 上告だ
    連絡先
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    カテゴリ
    離婚や離婚や離婚
    はじめまして
    フリーエリア
    にほんブログ村
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    結婚・家庭生活
    150位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    結婚生活
    62位
    アクセスランキングを見る>>
    最近の記事
    月別アーカイブ
    RSSフィード
    リンク